なぜ就職するのか考えよう | 就職したいと思っているアルバイトやパートの人にいい話を教えます
menu

なぜ就職するのか考えよう

おしゃべりをしている二人の女性

よく就職することをゴールに置いて考えている人がいます。
もちろん就職すれば給料は上がり、そして社会的にも認められることになるでしょう。
しかしながら、他の記事でも触れているように就職すれば必ずしも理想的な結果になるとはかぎりません。
少なくとも就職することを目的として生きている人は、おそらく就職したあとに後悔してしまうと思います。

つまりいいたいことは、就職の先に目標を立てることです。
就職というのはあくまでもなにかを達成するための通過点でしかないと思います。
例えば将来独立を考えているため、まず働きたい業界にいる会社に就職して経験と知識そして人脈を作ろうとするのは全然ありだと思います。
しかし就職をゴールに置いてしまっている人の場合は、就職に成功したとしても現実が厳しすぎて結局会社を辞めてしまうことになるでしょう。
その結果、あなたは人生で迷子になってしまうわけです。
だから就職をゴールに置くのではなく、なぜ就職する必要があるのか?ということを最初に考えてください。

そしてもし、就職する必要はないかもしれないと思ったらそれはそれでいいと思います。
世の中にはいろんな生き方があるので、自分が納得いくような生き方を優先して選ぶべきです。
例えば最近ではフリーランスとして頑張っている人もいます。
フリーランスは会社に属さずに仕事でお金を得ている人のことです。
つまり就職しなくても、生きていくことはできます。
フリーランスの場合は特に自由度が高いので、やり方次第では効率的にお金を稼ぐこともできるでしょう。
就職する以上に難易度は高くなりますが、その分成功すれば間違いなくいい結果を得られると思います。